声についてのコメントをすること

JUGEMテーマ:朗読・リーディング

昨日の「呼吸する朗読」
どんどん味わい深くなってます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

声をどう聴いているかについて話した時
参加者の男性のひとりから
ぼくにもコメントください
と言われた

そういえば、他の場所でも男性の参加者から
ぼくにも言ってください
とよく言われる
それで気がついた

女性の参加者の方には思ったことをぽんと言える気がするし
確かに言ってる
でも男性にはあまり言わない
言ってください
と言ってもらってはじめて感覚を言葉にする
だから少々フレッシュすぎて申し訳ない

でも、そこではじめて
ああ、男性にも言えるのか
言えないと思い込んでるだけかとわかる

多分これ私の偏見だ

言ってもな〜、変わらないでしょ?
と思うのだ
女性も確かに変わらない
基本人は変わらない

でも、こっちからこう感じたよ
という何かを理屈抜きで渡しておくと向こうのタイミングで
いつか熟成していく様がおもしろい

男性はというと、単に渡しただけでは何も起きない
それ渡すのに少々理屈が必要なのだ
納得する理屈があるとようやく山が少し動く
ただよしんば相手が納得しても
私がそのことに納得できない時がある

もちろんそれが必要ない男性もいるし
理屈が必要な女性もいるし
理屈を言いたくないのか、と言われたらそうでもない

これは単にそういったことが多いか、少ないか
の問題だとも思う

子どもはまた違う
学生においては男女が逆だったりもする

ぼくにもコメントください
と言ってもらわないとこんなことは起きなかったので
何が言いたいかというと
これからもそう思ったら言ってください
という公開のお願いでした

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

今後の「呼吸する朗読」は

ぃ祁遏。憩(土)午後 京都市内
ィ祁遑横夏(日)午後 京都市内
Γ厳遏。菊(日)午後 京都市内
В厳遑横尭(日)午後 京都市内
┌昂遏。夏(日)午後 京都市内
<成果発表>
9月8日(土)夕方以降
稽古は京都市内で行います


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode