あなたの肩書きなんですか?


先日、名刺作りワークショップを体験してきました。

ワークショップタイトルは

「名刺作り〜あなたの肩書きなんですか〜」というもので、

ファシリテーターは橋本市にbooka(ブウカ)という

アトリエを構えておられるご夫婦です。

 

 

私自身30年近く「表現教育家」という名前でやらせていただいてますが、

その肩書きで今の自分の仕事がすべて表せているかといえば、

そうではない気がしています。

今現在のふりかえり、これからの仕事の方向性を考えるきっかけとして

早速参加してみました。

 

今回のワークショップはあらかじめ用意された質問項目に書き込み、

それを見ながら参加者同士会話をして、

自分の新しい肩書きを考えてみるという流れです。

書き込む質問項目も「好きな食べ物」から始まり、

「他人によく頼まれること」「これからやってみたいこと」など

30近くありました。

自分のことなのに改めて問われると考え込んでしまうこともあり、

なかなか難しかったです。

 

おもしろかったのは、後半それをもとに

一人ずつに焦点を当てて話を聞き合う時間でした。

実は2時間ほどのワークの予定時間が、

お一人の方のお話を聞くだけで時間が相当経ってしまい、

急遽延長してじっくりと行うことになりました。

 

初対面の方のお話を伺うことはもちろんのこと、

知っている方でも意外な一面がわかったりして

どんどん引き込まれて深い時間になっていきました。

 

私は、「他人より少しこだわりがあるなということ」の質問に

「美しいと感じる瞬間」「自分の中だけにある正義感」

と答えたことに自分自身も驚きました。

多分、このことは仕事内容に色濃く繋がっていて、

特に舞台などを作る際には、「美しい」と感じられる時間をどれだけ持てるか、

ということをやっているし、

日常でも自分が美しいと感じられる時間を持つことをとても大切にしています。

「自分の中だけの正義感」とは、ひとつ例にとると、

公私ともに「怒り」の感情が湧いてきた時、

「これは自分だけの正義感に囚われているのでは」

とチェックする一つにもなっています。

そんなこと一つ一つが今の自分を作っている

積み重ねなのだなと改めて認識することができました。

 

 

最後に新しい肩書きをつけて名刺を作成してみたのですが、

自分で自分の肩書きを考えるのはやはり難しく、

それならばともにこの濃い時間を過ごした他者に

自分の名刺を作成してもらおうとなりました。

 

私がつけてもらった肩書きは

「生きているというドラマ」

「ここにあるものすべてをゆさぶる」

「身体波紋探求家」

「ユサブリスト」

というものでした。

 

名刺の形も紙の材質も色もみんな違って曲線のものもあれば、

イラストが付いていたり、

余白がたくさんあるシンプルな白だったりと

同じものは一枚もありませんでした。

 

楽しい時間を過ごすとともに、

自分について深く考えた心地よい時間でした。

 

この時間が過ごせたのはbookaのお二人による

気持ちいい場づくりのおかげでした。

 

またやってみたいです!

 



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode