父の誕生日

今年の2月14日に書いた日記をここにあげておきます
別に父がどうこうなったというわけではないですよ


 
昨日父に歌のレッスンをプレゼントした。
先生に父の状態を告げた上で年末に快く了承して頂いたことで実現した。
私はそこで一旦完結していた。
しかし父は昨年までお気に入りの1曲だけをCDで繰り返し1日に何度も歌っていたのに、それからは歌わなくなった。
こちらは少々心配した。
もしかしたら、飽きたのかもしれないな、それならそれでいいか、と思っていた。...
しかし先週デイサービスで居残りをして掃除のおばさん相手に歌のレッスンをしていたらしいと母から聴いて、父も多少は気にしていたのだと判明した。

当日、緊張で早起きした私は平常心ではなかったらしく、印南で高速を降りるはずが御坊で降りてしまい、30分の大遅刻をしてしまった。

先生は父が気持ちよく歌えるようにいろいろと提案してくださり、父はそれを驚くほど素直に受け入れ歌う
無理はしない
理解できないことはやらない
シンプルな表現
ちっとも声は出ていないが、いいなと思う
表に現すってそういうことだ

先生が父を横に私のレッスンもしてくださった
風邪をひいて鼻声なのに、歌は何とか歌えるから不思議だ
父は私の歌う姿をじっと見ていた

こんなことはもうこれから何度もないだろうなと思うと感謝の気持ちで泣きそうになったが、絶対泣いたらあかんなと思ってスイッチを変えた
何だかその場で泣くことは父に失礼な気がして必死でこらえた

帰りの車で父が楽しかったといった
ここ連日父にはイベントが続いたけど行ってよかったと思った
お前は歌で食べて行くには遅いのか
と突然言い、それは父なりのほめ方だとわかった

その夜、友人のお父さんが亡くなられお通夜にかけつけた
友人は喪主の挨拶で泣いていた
私も少し泣いた
友人のお父さんのスナップ写真のコーナーがあり、お孫さんや親族の方に囲まれた生前のお姿があった

昨日はそんな日だった
風邪はまだなおらない


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode