女性性と出逢う

このコラムは、和歌山新報にて毎月連載しているものの中からお伝えしていきます

ゴールデンウィークに和歌浦で「深くて、やわらかいものに出逢う」というワークショップを1日行いました。

今回はアートセラピーの先生をお迎えしてのコラボ企画です。
企画してくださった方たちも先生も私も女性。

テーマを何にするか考えた時に「女性性」が話題になりました。
社会で働いている時「女性性」を感じることはあるのだろうかという話になりました。

私が20代で働き始めた時、そのことに触れていると仕事が前に進んでいかないような気がして、あまり意識したくありませんでした。

ところが、歳を重ねると共にいやおうなく男性とは違う肉体や感性を持っていることに気づかされることになりました。

私はどんな性を持っていようと、一人の人間の中には「女性性」と「男性性」その二つが存在していると思っています。

しんどくなるのは、そのバランスが崩れているときだね、とまとまり、今回のワークショップの中ではその「女性的な部分」に焦点を当ててみようということになりました。


男性の参加もOKでしたが、結果参加してくださったのは20代後半から80代までの女性の方たちでした。

まずは参加者から「女性性」から連想する言葉を3つ、それぞれ3枚の紙に書いてもらいます。それを一箇所に集めてクジのようにして2枚引くのです。

そして、その紙を持ったまま1時間ほど自由に和歌浦を散策してもらうのですが、歩いている途中に好きなタイミングでその紙を開き、言葉と出逢うのです。

私は、大好きな天満宮へ向かって歩いている時、開いた紙には「祈り」と書かれてあり、その言葉にハッとしました。

神仏に祈る時、お墓に手を合わせる時、わたしの中の何かに祈る時、自然と自分の女性性とアクセスしているのだと気づいたのです。

普段気をつけているようでも、つい他の誰かと比較したり、ステレオタイプな女性の感性
を自分の中に捜し求めて それが無いと思い込んでいるのだとわかりました。

他の参加者もそれぞれの気づきがあった様で散策から戻った頃には皆、本当にいい顔になっていました。

そしてそれをテーマに作品を作成します。

布を使ったり砂浜に直接制作したり、個人の世界をじっくり表現した後、その経験を共有していく私のワークで夕方まで濃密な時間を体験しました。

夜、マリーナシティの花火を皆で見ながら、まるで祝福されたような気持でその一日を終えることができました。【2010.5月掲載】



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode