山王子どもセンター


先日、山王子どもセンターに久しぶりのごあいさつに行ってきました
子どもセンターさんとは、ココルームさんのおかげでもう4,5年お世話になっています。
障害を持っている子どもたちもそうでない子どもたちも、大人も高齢者も一緒になっていろいろな遊びをします

好きな食べ物を聴いていったときになかなか言葉が出ないMちゃんの答えを待っていました
周りの子どもたちが、Mちゃんの好きな食べ物を次々とあげていき、今日彼女の答えはなんなのかをみんなで推測しました

みんなでじゃんけんゲームをしている時、歩けないKさんとじゃんけんするときはみんな座ってやっていました
Mさんの手はチョキやグーが難しいので言葉で補います

感想を紙に書くときは字が書けない子は絵にしたり、書ける子に頼みます

最初はいろいろなことを考えてこちらもワークショップを構成していましたが
最近はあんまりしなくなりました
その時私やみんながやりたいことをやればいいんだなと教えてもらいました

できないことはできる人に頼む
みんなでいっしょにやる
それがこのセンターでは徹底しています

最近子どもたちが集まる場所の多くでは金切り声が多いです。
「キーッ!」という言葉と一緒にテンションが異様に高い子などがいます

山王子どもセンターはそんな子がいません
ワイワイガヤガヤしていますが、なんだか落ち着いています
古い小さな家にみんなが寄り集まっておやつを食べたり風船バレーボールをやったりしています

それはセンターの代表者であるまみさんを始め、関わっている大人の態度が反映されているのだなと思います
ここでは子どもたちと一緒に勉強会も開催されます
貧困問題、ホームレスなど社会を取り巻く状況をみんなで考えたり、冬には夜回りといって懐中電灯を持ってホームレスのおじさんにおにぎりを配りに行ったりします 

そのセンターが来年300万の予算を削減されてしまいました
まみさんは必死に考えながらこのセンターを維持していこうとしています


私はココルームからの依頼でお邪魔しているよそ者ですが、よそ者だからこそ、関わって行けるやり方で今年もいっぱい遊びます!
10月から始まります!



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode