あなたの肩書きなんですか?


先日、名刺作りワークショップを体験してきました。

ワークショップタイトルは

「名刺作り〜あなたの肩書きなんですか〜」というもので、

ファシリテーターは橋本市にbooka(ブウカ)という

アトリエを構えておられるご夫婦です。

 

 

私自身30年近く「表現教育家」という名前でやらせていただいてますが、

その肩書きで今の自分の仕事がすべて表せているかといえば、

そうではない気がしています。

今現在のふりかえり、これからの仕事の方向性を考えるきっかけとして

早速参加してみました。

 

今回のワークショップはあらかじめ用意された質問項目に書き込み、

それを見ながら参加者同士会話をして、

自分の新しい肩書きを考えてみるという流れです。

書き込む質問項目も「好きな食べ物」から始まり、

「他人によく頼まれること」「これからやってみたいこと」など

30近くありました。

自分のことなのに改めて問われると考え込んでしまうこともあり、

なかなか難しかったです。

 

おもしろかったのは、後半それをもとに

一人ずつに焦点を当てて話を聞き合う時間でした。

実は2時間ほどのワークの予定時間が、

お一人の方のお話を聞くだけで時間が相当経ってしまい、

急遽延長してじっくりと行うことになりました。

 

初対面の方のお話を伺うことはもちろんのこと、

知っている方でも意外な一面がわかったりして

どんどん引き込まれて深い時間になっていきました。

 

私は、「他人より少しこだわりがあるなということ」の質問に

「美しいと感じる瞬間」「自分の中だけにある正義感」

と答えたことに自分自身も驚きました。

多分、このことは仕事内容に色濃く繋がっていて、

特に舞台などを作る際には、「美しい」と感じられる時間をどれだけ持てるか、

ということをやっているし、

日常でも自分が美しいと感じられる時間を持つことをとても大切にしています。

「自分の中だけの正義感」とは、ひとつ例にとると、

公私ともに「怒り」の感情が湧いてきた時、

「これは自分だけの正義感に囚われているのでは」

とチェックする一つにもなっています。

そんなこと一つ一つが今の自分を作っている

積み重ねなのだなと改めて認識することができました。

 

 

最後に新しい肩書きをつけて名刺を作成してみたのですが、

自分で自分の肩書きを考えるのはやはり難しく、

それならばともにこの濃い時間を過ごした他者に

自分の名刺を作成してもらおうとなりました。

 

私がつけてもらった肩書きは

「生きているというドラマ」

「ここにあるものすべてをゆさぶる」

「身体波紋探求家」

「ユサブリスト」

というものでした。

 

名刺の形も紙の材質も色もみんな違って曲線のものもあれば、

イラストが付いていたり、

余白がたくさんあるシンプルな白だったりと

同じものは一枚もありませんでした。

 

楽しい時間を過ごすとともに、

自分について深く考えた心地よい時間でした。

 

この時間が過ごせたのはbookaのお二人による

気持ちいい場づくりのおかげでした。

 

またやってみたいです!

 


ひと花センター「今日の出逢いを体験する」

明日は西成でひと花センター「今日の出逢いを体験する」です

 

ひと花センターとは、単身高齢生活保護受給の方たちのつながる場所です

私は月に一度、おじちゃん、おばちゃんたちが自分たちで聞いてみたいことを出し合って話をする場を持っています
ここ最近はなぜか歌を歌うことになっています
私が一曲、参加者の誰かが一曲歌い合います
なんか、和歌の送りあいみたい
明日もそうなるかどうかはちょっとわかりません

実は今回は終わった後、やってみたいことがあります
その時間を過ごした直後
今残っている言葉はなんですか?
と聞いてみて書き留めることをやってみたいと思っています

13時から14時半までです
興味ある方はひと花か私に直接ご連絡ください
ご一緒にお話をしましょう〜!


ABE研究会 課題発見シアター 〜組織の問題をあぶり出す〜

===================

   アートを応用した人材育成
 A.B.E. ( Arts Based Educations )
        研究会

===================
「 アートが組織や教育現場に何を提供できるか 」
この研究会では
・企業や学校など組織が抱える様々な課題を新たな視点で見直します。
・アートの力を使っていきいきと活性化し働きがいのある職場づくり、自分らしさや本来の可能性を存分に発揮できる人づくり 、イノベーションがうまれる組織づくりの本質を、実験的・体験的に探求し学びます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆A.B.E. ( Arts Based Educations ) とは

アートを応用した組織開発、人材育成、チームビルディングです
アートはワクワクします、元気になります
アートは人と人をむすびつけます
アートは好奇心と感性と情熱をもっています
そしてアートは新たなものを創造します

・・・・・・・・

アートが持つ力で、自分らしくいきいきとした人づくり、働きがいにあふれた職場づくり、クリエイティブな組織づくりにチャレンジしよう!
そんな想いで、芸術家オーハシヨースケ、岩橋由莉、羽地朝和が結び付きA.B.E.(Arts Based Educations:アート・ベイスド・エデュケーションズ)は生まれました。2017年研究会を発足し、7月〜11月「参加者と一緒につくる研究会(第1クール/全3回)」を開催しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ 対象

・ 経営者
・ コンサルタント
・ 研修講師
・ 教育に携わる人 それらを目指す人
・ 芸術家
・ アートと教育の結びつきに興味がある人

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆ 参 加 費
各 回: 8,000円(税別)
※お申込時の税率を適用させていいただきます。

◆ 開催日時
全日程10:30〜18:00

。横娃隠固1月27日(土)
テーマ:組織の中で本当の自分って?
   〜ぶれる時代を生きる〜

■卸遑横監(土)
テーマ:企業メメントモリ
   〜キャリアの終わりを考える〜

3月 31日(土)
テーマ:ストレスマネジメント
   〜健康な職場づくり〜

ぃ慣遑横影(土)
テーマ:課題発見シアター
   〜組織の問題をあぶり出す〜

ィ儀遑横案(日)
テーマ:組織再生
   〜アートの力を信じる〜

◆ 会 場
国立オリンピック記念青少年総合センター 他
<お申し込みの方に各回ご案内いたします>

◆ お申込
Facebookイベントページ「参加」をクリック後、イベントページにコメントをお願いいたします。折り返し担当より詳細のご連絡を差し上げます。
1週間経っても担当より連絡がない場合は、お手数ですがメールにて再度ご連絡いただきますようにお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆ 講師紹介

演劇教育家:【 オーハシヨースケ 】
NPO法人祈りの芸術 TAICHI-KIKAKU 副理事長
早稲田大学文学部演劇専攻卒業。小劇場活動を経験。『 身体詩/ボディ・ポエトリ 』という言葉を使わない独自の演劇(こどもから大人まで、国や民族・ことばや文化を超えてたのしくおもしろく、感じあえる、カラダで描く演劇、カラダが語る物語)を生み出し、これまでに世界24カ国100都市以上で公演を行う。世界的演劇祭「第7回カイロ国際実験演劇祭」で最優秀俳優賞を受賞し、国際的に評価される。
2001年国際交流基金フェローシップでベルギーに渡り、IAD芸術大学で1年間演劇教育を研究。2006年文化庁新進芸術家海外派遣により、アプライドドラマ(企業・学校・自治体に役立つ応用演劇)で世界的に活躍する、イギリス・チェスター大学のアレン・オーエンズ博士と共同研究を始める。2016年よりチェスター大学芸術教育センター(RECAP)の客員研究員として「アートのけん引力により地域社会・企業経営・学校教育を活性化させる」アートベースドエデュケイション(Arts Based Educations)を開発・実施している。


表現教育家:【 岩橋 由莉 (いわはしゆり)】
和歌山県生まれ。玉川大学在学中に演劇的手法を用いてコミュニケーションを体験学習する表現教育と出逢い、卒業後日本で初めて「表現教育家」として手探りの道を歩み始め、来年で30年目を迎える。同時に岡田陽の元で朗読劇を学ぶ。2001年に郷里の和歌山に戻り、熊野の森や先祖代々の山などの「自然」と出逢い直したところから、手法を超えて「待つ」ことや「聴く」こと「音」「感覚」などに特化した独自の活動「コミュニケーション・アーツ」として展開する。2014年立命館大学の武田冨美子の企画により「インプロ」「プレイバック・シアター」「コミュニケーション・アーツ」の手法と学校教育の現場を考えるシンポジウムが開かれ、そのことを一冊にまとめた「ドラマと学びの場」を共著する。現在立命館大学にて教職を学ぶ生徒を対象にドラマ教育事業の研究、日雇い労働の街西成で暮らす高齢者の表現活動、高齢者の朗読劇団活動など行う。


コンダクター:【 羽地 朝和 (はねじともかず)】
株式会社プレイバック・シアター研究所 所長
1987年防衛大学校卒業。社会産業教育研究所に入社、人材育成分野でのコンサルティングを担当する。在職中に米国エサレン研究所、オメガ研究所にてTA(交流分析)、行動科学、体験学習、ゲシュタルトセラピーを学ぶ。
プレイバック・シアターの創始者ジョナサン・フォックスにであい、日本での窓口を担当する。プレイバック・シアターを教育、医療、組織開発、コミュニティづくりの分野で普及、実践する為にNYのSchool of playbacktheatreにて学び、1998年に卒業。プレイバック・シアター研究所を設立し、国内はもとより 2005年よりミャンマー、韓国、フィリピンに招かれプレイバック・シアターの指導および国際交流活動を続けている。現在は数多くの企業にて人材育成、組織開発を担当。日本のトップクラスの研修講師であり、プレイバック・シアターの第一人者として活躍している。またさいとうクリニック、高月病院でグループセラピーを担当している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□お問い合わせ先
(株)プレイバック・シアター研究所
中目黒ヘッドオフィス&サロン
TEL : 03ー3461ー4242

担当窓口:筒井(なーみー)
携帯: 080-4128-4242
E-mail : tsutsui@playbacktheatre.jp

 

JUGEMテーマ:コミュニケーション


GW 開催! ABEフェスティバル!! 

ゴールデンウィークの前半、なんと身体でABEの論文を読み込む1日があったり
教育プログラムを考える二日間があったりします!!!
以下は詳細です

=======================

G.W特別編
A.B.E.(Arts Based Educations)フェスティバル

2018年4月28日(土) 10:30~16:30
【 論文・身体知ワーク 】
A.B.E.の指針である論文「芸術教育を応用したマネジメント開発 (アンネ・パッシーラ、アレン・オーエンズ共著)」を身体的に読む1日
題材となる論文は、 企業教育・組織経営に応用されているアートを使った教育の実践と理論について、アーティスティックに書かれた画期的なものです。このワークでは論文中の出来事を短く演じてみたり、 やりとりや論文そのものを声に出して読みこみ、実際に身体感覚で読み解きます。 

2018年4月29日(日)〜30日(月・祝) 10:30~18:00
【 ABEをクリエイト! 】
アートを使った教育プログラムを創りだす2日間
この2日間は様々なアートを使った教育研修プログラムが体験できま す。 そして一緒に創りだしていきましょう。事前に、ABE研究会に参加したことのある実践者がABE研究会の各講師とファシリテーションチームを組み、 2日間4セッションのワー クを企画・準備・担当します。 

<会 場>3日間とも:芸能花伝舎(B3)

<参加費>
★3日間通し参加★/27,000円 (税込)
論文・身体知ワーク のみ/10,800円 (税込)
ABEをクリエイト! のみ /21,600円 (税込)

※ABEをクリエイト!1日のみのご参加は受け付けておりません事前に連続参加が難しいとお知らせいただいている方がいらっしゃったと思います。

どうしても1日のみ参加の方がいらっしゃれば、参加日と合わせてご連絡ください。

参加費/14,040円(税込)

<お申込み窓口>

株式会社 プレイバック・シアター研究所  担当 筒井(なーみー)tsutsui@playbackth

JUGEMテーマ:アート・デザイン

eatre.jp

=======================


フレル朗読劇団 再始動!!

 

フレル朗読劇団、再始動します!

フレル朗読劇団とは、経験未経験を問わず、言葉を音にするおもしろさを追求する活動を月に一度新今宮に集まって行います。

2月はアイヌのお話を一人で、または複数で朗読しました

3月からはまた新たに今度は宮沢賢治の世界へ入っていきます
一つの作品を複数で関わり合って仕上げたり
一人語りの言葉との関係を探っていったりします

興味のある方、どなたでもご参加できます!

1回4千円 
お申し込み/お問い合わせ:岩橋まで

次回予定
4月15日 13時〜17時
5月13日  上記と同じ

JUGEMテーマ:朗読・リーディング


サ行・浜坐 卯月

JUGEMテーマ:地域/ローカル

毎月 海のそばで整体を行っているサ行研究所の場所をお借りして
座ってともに時間を過ごす場を持っています
何か言ってもいいし
言わなくてもいい

言った言葉がどんな風に他の人のところに落ちて行くのか
その時その時です
何分もたったゆっくりの場合や
即座に反応してしまうことや
場合によってはその場で消えてしまうこともあるかもしれません

人と場所と言葉と時間
その時間も過去へ行ったり未来へ行ったり時空を超えてしまうかもしれないですね

そんな時間をともに過ごしてまいりましょう〜

4月25日(水)18時〜21時 サ行研究所
2千円
お申し込み
haraiso887@gmail.com

朗読グループことの葉 公演終了

 

 

4月8日 貝塚市山手公民館たまねぎ劇場にて

朗読グループことの葉 無事に公演終了しました
「蒼い岸辺にて」朱川湊人 
自殺を図った20歳の女性とあの世とこの世をつなぐ川の渡し守とのやりとりです
昨年の10月くらいから稽古に入りました
小説では渡し守は一人ですが、ことの葉では二人にして朗読を行いました
わたしは客席から見ていたのですが今までの稽古とは違い
本番で皆の声や言葉がどんどんリアル感を増して行くのを肌で感じました
高齢なのでできることは限られていますし
どんどんできなくなることも増えるでしょうが
皆はできるところまでやっていきたい!
よりよい舞台を作っていきたい!
と最後の打ち上げで確認しました!
宣伝したおかげで
遠くは宮城県や横浜から100名ちかくの方が来てくださいました
ことの葉は
毎週月曜午後1時〜3時半まで
貝塚市山手公民館で稽古しています
お問い合わせは山手公民館、または岩橋まで(haraiso887@gmail.com)
朗読に興味のある方はいつでもいらしてくださいね!
岩橋

JUGEMテーマ:朗読・リーディング


サ行・浜坐 春分

前回は2月4日、立春、春が立つ日に行った浜坐は
3月は春分の日に行われます

春分とは夜と昼の長さが同じになる日
ここからどんどん太陽がエネルギーを増し、それとともに木々がぐんぐん成長していくことになります

人も寒さで縮こまっていた身体を緩めて
自分の中も緩めていくときですね

春の兆しが見える日です
よければその日、集まって自分の内側に耳を傾けてみましょう!


サ行・浜坐 春分 サ行研究所
18時〜21時
2千円

JUGEMテーマ:コミュニケーション


フレル朗読劇団 再始動!!

JUGEMテーマ:朗読・リーディング

フレル朗読劇団は、経験、未経験を問わず
言葉を音にするおもしろさを追求する活動を月に一度行います

2月はアイヌのお話を朗読しました
3月からは一つのお話を皆で朗読劇として表現したり
一人語りもやっていこうと思います
11月に本番を考えていますが、その前にミニ発表会をするかもしれません
何れにしても本番を想定して活動します

よかったら遊びに来てください

3月25日13時〜17時 4千円
@新今宮 太子老人憩いの家

4月は15日に行う予定です

お申し込み・お問い合わせ
岩橋由莉 haraiso887@gmail.com

本当の自分を自らの力で取り戻す(ABEの活動について)

アート・ベースド・エドュケーション(ABE)の勉強会を定期的に行なっている。

ABEとはアートを使い、直感や個性を養うことや

チームビルディングを目的にした教育研修のことだ。

1月のテーマは「本当の自分って?」。

今回私はそのテーマから「本来の自分の声を探る」という活動を行った。

自分の職場でよくやっている会話、

気になったあの時の対話などをセリフで書いてもらい、

そのやりとりを再現してみるのだ。

状況説明は最小限に。セリフも二人で4行前後に。
人は人と交わる以上、関わる場により役割を要求される。

会社の役職の顔、家族の顔。地域の顔。

それらをうまく遂行しようとすればするほど、

コントロールがよくきいた身体はそれにふさわしい振る舞いをするだろう。

声もその一つだ。

しかしその役割が自分の正直な気持ちとズレが生じていたら、

そしてそのズレを修正できずにいたらどうなるだろうか。

「本当の自分」もどんどんズレて

何が本当なのかわからなくなっていくことが起こるのではないだろうか。

この活動では、そんな仮説をもとに、

まず普段の役割の声を少し離れて眺めてみることをしたかった。

最初の活動は、書いた会話文を全く事情を知らない人同士で読んでもらう。

自分とは違う声で出されたセリフを今、どんなふうに感じるのか体験してもらいたかった。

当然、自分とは違う言い方になる場合が多い。

その経験から、もう一度自分の書いた対話文を眺めてみて、

「その時本当は何を言いたかった?したかった?」と自分に問いかけてみてもらった。

そして実際にその言葉を考えて言ってもらうのだ。


最初はうまく言えないかもしれない。

本当に言いたかったことであるからこそ、言えないことはある。

けれどもここは架空の場だ。あなたの目の前にいる人はその時の人でもなければその当時のあなたではない。

今のあなただからこそ、言いたいことを声にしてみた時、それは自分自身の声を出した、と言える。

それは声だけではなく、仕草にも宿るかもしれない。

本当は立ち去りたかった。本当は抱きしめて、頭を撫でてあげたかった。本当は目の前のファイルを叩きつけたかった。

でも戸惑いで動けなかったり、怒りで心にもないことを言ってしまったり、逆に何も言えずに終わったのかもしれない。

そんな記憶が今も自分を支配しているなら、

今、声を出そう、今、やれなかったことをやってみよう。

その瞬間に初めて本当の自分を自らで取り戻せるのではないだろうか。

それには人の力が必要だ。

アートの場の力で他者の手のぬくもりや感覚を借りてみよう、信じてみよう。

そして同じく他者にも自分の力を貸してみよう。

詳しく事情を知らない他者だからこそ言えることできることがあるはずだ。
どんな小さな声でもネガティブな言葉でも仕草だけでもいい。

あなたの身体を通して外の世界にようやく出た小さな振動は、

少しずつ反響しあい、やがて大きなうねりとなって戻ってくることもあるから。

アートにはそんな力が備わっているから。

そんな願いで行った。


それらはさりげない言葉だったり、微笑んでしまう言葉だったり胸が痛くなってしまう言葉だったりと様々だった。

職場だけではなく、家庭での家族との会話を選んだ方もいた。

 

活動している人全員がアートとして表現しようとしていないことが逆にアートに満たされた場になっていた。
本当の声を取り戻す活動とは、その人の尊厳を取り戻すことになるのだな、と思う活動だった。

アートとは、その人がそうでしかいれないものが外に表せた活動のことをいう。

まだまだこの声を出す活動で試してみたいことはたくさんある。

これからも機会を作って何度かやってみたい一つになった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今後のABE活動は
こちらをクリックしてください
次回のテーマは「企業メメントモリ」です!

| 1/32PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

mobile

qrcode